自律神経

自律神経はふたつの神経で形成されています。
人間の活動期に機能する交感神経と、人間の休息期に機能する副交感神経です。

交感神経は主に人間が日中に活動している時に働き、呼吸や心臓の動きが早くなる、緊張する、ストレスを感じる、血圧の上昇、胃腸の機能を抑制するといった働きをします。

夜の休息時間・睡眠時になると交感神経から副交感神経へと交換され、活発な働きをします。
この神経が活動している時間は、呼吸や心臓の鼓動が遅くなる、血圧が下がる、眠くなるなどの働きを促進します。
日中に活動的になり夜になったら眠くなる状態は、自律神経のふたつの神経がうまく交換されているということです。

自律神経と糖質制限ダイエット

ストレスがたまると自律神経に乱れが生じます。

交感神経が長く働いていると血圧も上昇し高血圧を招きます。

緊張するために起こる血圧上昇を抑えるには、適度な運動で汗をかいて代謝を活性化させることや、糖質制限をして栄養バランスの良い食事を摂る方法があります。

自律神経の乱れによる症状

自律神経が乱されてしまうと、眠らないといけない時間に交感神経が活発になり、目が覚めて不眠になるといった症状が出ます。

また、胃腸機能がおかしくなり、水分代謝の機能もしている胃腸がおかしくなると、体内の余分な水分が排出されずに頻尿の症状も出ます。

 ページの先頭に戻る