善玉菌

善玉菌とは、人間の腸内にある菌の中で、健康維持に関係する菌のことをいいます。

人間の腸内には、300種類以上、100兆個の細菌があるといわれており、そのうちの20%が善玉菌です。善玉菌として有名なのは、乳酸菌やビフィズス菌、ルミノコッカスなどでしょう。

人間は生まれたばかりのときに最も多くの善玉菌を保有していますが、離乳期を過ぎると少しずつ善玉菌が減っていきます。もちろん、その後も年をとるごとに善玉菌の数は減少していくのです。そのため、納豆菌や酵母菌など、食べ物から摂れるような善玉菌も体内に取り入れていく必要があります。

善玉菌と糖質制限ダイエット

糖質制限をしている場合、便秘になってしまうことがあります。その原因として多いのは、炭水化物を避けることによって、善玉菌のエネルギー源である食物繊維を摂る機会が減ってしまうからです。すると、整腸作用のあるビフィズス菌などの善玉菌にエネルギーが行きわたらないので、腸内がきちんと調整されず、便秘になってしまうのです。

なので、糖質制限をする場合でも、あまり炭水化物を避けすぎないようにし、ビフィズス菌などの善玉菌を積極的に摂るように心がけましょう。

 ページの先頭に戻る