α-グルコシダーゼ

α-グルコシダーゼとは、食事で摂取した炭水化物(デンプン)を吸収しやすい形に分解する働きを持つ酵素の一つです。

デンプンは糖が鎖のようにいくつも繋がった状態で存在していますが、体の中で酵素の働きによってバラバラに分解され、ブドウ糖として吸収されます。

小腸でα‐アミラーゼによって2糖類(ショ糖)まで分解されたデンプンを、さらに小腸の粘膜で単糖類(ブドウ糖)に分解するのがα-グルコシダーゼの役割です。

よってα-グルコシダーゼは、糖の吸収に重要な役割を担っており、糖尿病治療にはα-グルコシダーゼの働きを阻害して、血糖値の上昇を緩やかにする薬品が用いられます。

α-グルコシダーゼと糖質制限ダイエット

α-グルコシダーゼを阻害する薬品は、糖尿病治療に用いられてきましたが、近年はダイエット目的の糖質制限でも注目され、特に亜熱帯地方の植物であるサラシアを原料に含む薬品が数多く開発・販売されています。

サラシアは、α-グルコシダーゼを阻害する効果が高い成分を多く含む植物で、古来から糖尿病治療薬として処方されてきました。

サラシアに含まれるサラシノールは、α-グルコシダーゼが2糖類を単糖類に分解するのを阻害し、2糖類の状態で体外に排出させます。

このようなサラシアを原料に含む薬品は、糖質制限と合わせて摂取することで、糖質の吸収を抑える効果を高めることが期待されています。

 ページの先頭に戻る