ボグリボース

ボグリボースは。食事後の血糖値上昇を抑える成分です。
糖尿病治療薬に使われており、糖の吸収を緩やかにする作用があります。
代表的な商品は、武田薬品工業によって開発されたベイスンです。

他に似たような成分として、アカルボースとミグリトールがあります。
アカルボースはα-アミラーゼ阻害作用があるため、抑える時間値は比較的に弱いですが、副作用を減少する時間はより短く見られます。
ミグリトールはボグリボースと同じく、α-アミラーゼ阻害作用はありません。
ボグリボースに関しては、重篤な肝機能障害の報告がありますが、ミグリトールについては1つもありません。

ボグリボースの効果・効能

ボグリボースは食後の血糖上昇を抑える効果があります。
インスリンを介する直接的な血糖低下作用はないため、血糖を下げることはできませんが、血糖値を急激に上昇させない効能があります。

ボグリボースには、α-グルコシダーゼ阻害作用はありますが、α-アミラーゼ阻害作用はありません。

ボグリボースは糖質制限ダイエットに有効?

食事後、摂取した糖質は体内で分解され、ブドウ糖として吸収され、その後エネルギー源になります。
したがって、食事後は血糖値は短期的に上昇します。
そこで、血糖値を下げるためにインスリンが分泌され、糖質をグリコーゲンに変換します。
グリコーゲンとしても蓄積しきれない場合には、脂肪細胞などとして蓄積されます。
したがって、蓄積され続けると肥満になります。
ボグリボースで血糖値の上昇を抑えると、インスリンの分泌を同時に減らせることになります。
したがって、体脂肪の生成が抑えられます。

ボグリボースの注意点

アカルボースの薬を服用する際には、いくつかの注意点があります。
特に副作用として、下痢、腹部膨満感、鼓腸などがあります。
また、不適切な薬物併用による低血糖や腸閉塞、重篤な肝機能障害など重大な副作用も報告されていますので、服用する際には、事前に医師と相談することが勧められています。

ボグリボースの入手方法は?

ボグリボースの購入方法

医薬品としてはベイスンとして販売されています。

ベイスン

ベイスンは武田薬品工業によって開発され、ボグリボースが入っている医薬品です。

日本では処方薬に属しているため、薬局では販売されていません。
入手するには処方箋が必要とされます。

 

 ページの先頭に戻る