ミグリトール

ミグリトールとは、食事後の血糖値上昇を抑える成分で、糖の吸収を緩やかにします。
α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)に属していて、糖尿病治療薬に使われています。

代表的な商品は、三和化学研究所によって開発されたセイブルです。

ミグリトールの効果・効能

ミグリトールは食後の血糖上昇を抑える効果があり、血糖値を急激に上昇させない効能があります。
しかし、インスリンを介する直接的な血糖低下作用はないため、血糖自体を下げることはできません。

ミグリトールにはα-グルコシダーゼ阻害作用がありますが、α-アミラーゼ阻害作用はありません。
ですから、二糖類から単糖類へ分解する酵素を阻害することはできますが、α-アミラーゼ阻害作用はないので、多糖類から二糖類へ分解する酵素の阻害はできません。

他に似たような成分として、アカルボースとボグリボースがあります。
アカルボースはα-アミラーゼ阻害作用もあるため、抑える時間値が比較的に弱いですが、副作用を減少する時間はより短く見られます。

ミグリトールはボグリボースと同じく、α-アミラーゼ阻害作用はありません。
ボグリボースは重篤な肝機能障害の報告がある一方、ミグリトールの場合はありません。

ミグリトールは糖質制限ダイエットに有効?

食事後、摂取した糖質は体内で分解してブドウ糖として吸収され、エネルギー源になります。

したがって、食事後は血糖値は短期的に上昇します。
血糖値を下げるためにインスリンが分泌され、糖質をグリコーゲンに変換します。
グリコーゲンとしても蓄積できない場合には、脂肪細胞などに蓄積されます。
よって、蓄積され続けると肥満になります。

ミグリトールで血糖値の上昇を抑えると、インスリンの分泌を同時に減らせることになります。
したがって、体脂肪の生成が抑えられます。

ミグリトールの注意点

ミグリトールを服用する際には、副作用としていくつかの注意点があります。

一般には腹部膨満、鼓腸、おならの増加などの副作用がありますが、その他に重大な副作用、例えば低血糖や腸閉塞、肝機能障害、黄疸などもあります。

重篤な肝硬変例での意識障害を伴う高アンモニア血症:類薬(ボグリボース)で重篤な肝硬変例に投与した場合、便秘等を契機として高アンモニア血症が増悪し、意識障害を伴うことがあるので、排便状況等を十分に観察し、異常が認められた場合には直ちに投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

また、他にもいくつの禁忌があるので、重症ケトーシスや重症感染症、本剤の成分に対する過敏症の既往歴のある患者、妊婦又は妊娠している可能性のある女性などの患者は、服用を避けた方が良いでしょう。

詳しくは、ミグリトール錠の添付文書をご覧ください。

ミグリトールの入手方法は?

日本ではミグリトールを含む薬は処方薬が多く、入手するには処方箋が必要となりますが、最近はインターネットで個人輸入代行を通じて入手する方法もあります。
一般的には7日間で日本まで届きます。一度に1箱から7箱まで購入することができます。

ミグリトールの購入方法

医薬品としてはセイブルとして販売されています。

セイブル

セイブルは三和化学研究所によって開発された医薬品です。
成分にミグリトールが入っています。

 ページの先頭に戻る